" 自動車の査定額の有効期限

期限が切れて再査定にならないよう注意

自動車 買取

●中古車の価格はどんどん変動している

オークションは中古車が最も高く売れる場です。

買取った中古車をオークションに出すことの多い車買取店は、買取額を提示する場合に中古車オークションの価格をベースにしているといわれます。

買取専門店の買取査定額の上限は中古車オークションの相場に連動しているといっていいかもしれません。

オークションですからその相場は毎日動きます。

自動車を買取店に査定してもらえば査定金額の有効期限を付けられることがありますが、それはこのような背景があるからです。

具体的な有効期限は業者よって違いますが、短い場合は1週間、長くても2週間程度といったところです。

早く買取したいからオーナーを煽ったり揺さぶったりしているのではありません。

価格交渉であまり長く粘りすぎると再査定が必要となり、前回提示額より買取額が下がってしまうことも大いにあり得ます。


●訪問査定から決定までを1~2週間のうちに終える

このように、オークション相場を背景にした買取専門店の買取査定額というのは、おのずとその価格が有効である期間が付きまといます。

例えば「2週間以内であればこの価格で買取ってもオークションで採算の合う価格で売却できるだろう。」という計算のもとに、その上限額の範囲内で買取専門店は最高額を競うわけです。

査定後の提示額で即決せず、各社の査定買取額をよく見比べてから売却先を決定するのは高額売却のコツの一つですが、あまりのんびりしていても良くないということになります。

査定は1~2時間くらいで終わりますから、訪問査定が多少多くなっても1日か2日もあれば終えることができるでしょう。

買取店の訪問査定から、比較検討、買取店の決定までできれば1週間以内に収めたいものです。

くれぐれも「有効期間が過ぎていますので再査定させてください」ということにならないよう注意しましょう。

また年末が近づく時期や、モデルチェンジが近づいている時期に自動車を売る場合は、うっかりして年式落ちや旧型化による大幅査定減を受けることにならないよう、売却のタイミングに十分注意を払いましょう。

査定の有効期限についてはこちらもご覧ください。⇒買取査定額には有効期限がある


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



このページの先頭へ